こだわりの食材

 生クリーム

生クリーム

テイクアウトを主とする洋菓子店ではコンビニエンスストアほどひどくはありませんが、耐熱性、保形性に特化した植物性脂肪(主にショートニング)を含む生クリームを使用する場合が多いのが現状です。
これ自身口当たりが軽く、持ち帰りに時間を要しても少々なら大丈夫なのが特徴です。また価格を抑えることができます。

しかしカフェ・マイユでは純乳脂肪100%の生クリームを年間を通じて使用しています。

純乳脂肪100%の生クリームを使用するメリットは、

  • 乳本来の豊かな風味
  • 口どけのよいクリームに仕上がる
  • トランス脂肪酸等が含まれない
  • スポンジケーキとの相性がよい

デメリットは、

  • 長時間常温放置すると風味、形を保てない
  • 仕込み等での扱いに細心の注意が必要(デコレーションがしにくい)
  • 価格が非常に高価

使用するには特に品質、安全への気配りが必要な純乳脂肪100%の生クリームですが、当店では、安心できる食材で、素材の味を大切にしたお菓子作りを、との思いから純乳脂肪100%のものを使用しています。

また製造工場の見学等も行い、どのように生クリームが作られているのか確認しています。

工場見学工場見学 工場見学

※トランス脂肪酸について
当店においてトランス脂肪酸を含む原材料を使用して製造している生菓子はございません。ショートニングはココナツヤシ油を使っております。
焼き菓子については、原材料にマーガリンを含むものがございますが、最上位のものを使っており安全です。

たまご

卵ほどお菓子の味を左右するものはないと思います。
以前使っていた本宮町の超こだわりの卵(1個50円以上はしました……)で作ったロール、マドレーヌは私が今まで食べたお菓子の中で一番おいしかったのですが、その後、残念ながら諸事情により手に入れられなくなりました。

そこで、その超こだわりの卵に引けを取らないものをと探し求めて選んだのが現在使っている卵です。生産者との絶対的な信頼を基に、安心できる新鮮な卵を届けていただいております。

たまご

紀州うめたまご

〜紀州うめたまご〜
和歌山県白浜町の卵屋さん、さかもと農園の生みたて卵を各日納品いただいております。サイズはもちろんM玉(若どりの卵)。
黄身がこんもりともち上がって風味ばっちりです。マイユロール、マドレーヌ、プリン等に使っています。


〜かきぜんの滋養卵〜
三重県紀北町紀伊長島の卵屋さん、垣善フレッグの安心できる生みたての卵です。サイズはもちろんM玉。
ちなみにこの卵屋さん直営の卵&ケーキショップもあります。上記以外のすべてのお菓子に使用しています。

和歌山県内産のフルーツ

いちご

私は、和歌山県は日本一のフルーツ王国だと思っています。ぶどう、桃、みかん、キウイ、いちぢく、ブルーベリー、そしていちご等。手に入る間は優先的に県内産を使っています。

クリスマスの時期になると大粒2Lいちご10,000粒以上県内産で確保します。MやLを使うと県外産が混入するので県内産で確保できる範囲内で仕入れます。仕入れたいちごはクリスマスの時期にのみ稼働する冷蔵庫で確実に保管します。

その他

与論島のきびざら糖、紀伊お山のはちみつ等、よい食材と判断したら迷わず使っています。

こだわりの調理器具